ぺんたの分身(身長14センチ)

販売価格(税別)
¥1,300
在庫状態 : 在庫あり
数量

「みんなのおそばにいきたいよぉぉ〜」

ぺんたのそんな思いからはじまった「ぺんた分身プロジェクト」。小春が応援するなか、ぺんたは忍者の「分身」を身につけようと、公園で練習をスタートさせました。


でも、はじめは思うようにいきませんでした。意識を集中させて、「ぶぅぅぅんしぃぃん!」と叫びますが、分身はおろか、煙ひとつでませんでした。毎日、朝から晩まで練習を続けていると、やがて煙が出るようになり、さらに練習していると、ついに、何かが現れたのです。

「べんただぞぉぉ〜」




ぺんたとは似ても似つかない「べんた」でした。そのふてぶてしい態度や見た目に、ぺんたはショックをうけました。「ぺんた、あんなに太ってないしぃ…」。そこで、ぺんたは次回の分身の練習では、「もっとほそく!」を意識したのです。

すると、今度はやたらと細い「ぴんた」が現れました。


「こ、これもちがぅぅ…」ぺんたはまたもやショックを受け、小春はなぐさめるのに必死でした。


「ぺんた、ぶんしんできないかもぉぉ…」

落ち込むぺんた。そこで小春は、ぺんたが本物の忍者に分身を教わったらどうかと思いたち、ペンギン飛行機製作所の所長に相談をしました。すると、所長は知り合いみんなに連絡し、本物の忍者を探しだすことに成功!製作所にレクチャーをしにきてもらえることになったのです。

「忍者です」
「ペ、ぺんたですぅぅ」

はじめはこわがっていたぺんたでしたが、小春の「だいじょうぶっ!ぶんしんできるようになったら、みんなのおそばにいけるよっ!」という励ましによって、やる気になり、忍者に熱心に質問をしていました。

こうして忍者に教えられた「分身の術」を、いざ、やってみることに。さらに、小春は、頭に「葉っぱ」をのせてみることを提案しました。ぺんたは、頭に葉っぱをのせて意識を集中させ、「ぶぅぅぅんしぃぃぃん」と叫びました。するとついに!煙のなかから、ぺんたの分身が登場したのでした!



「ぺんた!すごい!よかったね〜!」
「うん!ヤッタヤッタ! これでみんなのおそばにいけるよぉぉ〜!!」

こうしてついに、ぺんたの「分身」が誕生しました!

「ぺんたのこと、おむかえにきてぇぇ〜」

みなさま、ぜひ、ぺんたをおそばにおいてください。

・大きさ・・・約14センチ(高さ)
・素材・・・ポリエステル

販売価格(税別)
¥1,300
在庫状態 : 在庫あり
数量
  • このエントリーをはてなブックマークに追加